学園からのお知らせ

鶴幼より。『誇りを輝きに』シリーズ第2弾 5歳児編が完成しました。

 和光鶴川幼稚園がおくる
「子ども理解と大人の関わり」
シリーズ第2弾 5歳児

『誇りを輝きに』が2016年1月30日発刊します。

tsuruyou25.jpg.jpg

人間の一生の中でも、その成長の土台を耕し、大きな発達をする幼児期。そのかけがえのない時代の子どもたちをどのように見て、そこにいる大人たちにはどのような関わりが大切なのか。和光鶴川幼稚園の日々の保育者と子どもの対話かの中から考えあうシリーズの第二弾は、幼稚園最年長の5歳児にスポットを当てました。 長年、5歳児の成長を見守ってきた保志副園長と、和光鶴川幼稚園の研究と実践で指導・助言をしてくれてきた山梨大学の加藤繁美先生がまとめています。
また、近年「小1プロブレム」など、幼・小接続の課題がクローズアップされる中で、「スムーズな移行」というフレーズへの現場からの問題提起として、小学校側の教師からの提言も載せました。これからの時代の幼児期に大切にしたいことを3歳児『うれしさを自信に』と共にお読みください。

ひとなる書房より2016年1月30日発刊 800円(税抜き)

3歳児編 発売中! 
購入は、各書店、和光鶴川幼稚園窓口、ネットの販売で

<申し込み・問い合せ>
〒195-0051 町田市真光寺1271-1
Tel: 042-735-2291    Fax: 042-736-5606

学校法人 和光学園 和光鶴川幼稚園

掲載日時:2016年1月18日 10:17
カテゴリ:学園関係者へ

« 古関先生日本国憲法学習講演会のご案内 | お知らせトップ | 理事長の古関彰一先生のインタビューが琉球新報2015年11月11日号に掲載されました。 »


このページのトップへ

和光学園に寄せられた言葉:

  • 私が仕事を行う上で、御校のサイト、特に日々のブログ的な部分をとても参考にさせていただきました。(会社経営者さま::北海道)
  • 自分らしく生きるってことを教えてくれたのは和光だったと思います。(卒業生:イタリア、サルディーニャ在住)
  • あれだけ苦手だった水泳を克服できたことは、息子にとって今夏の一番の出来事となりました。(ちびかな参加児童の保護者さま)
  • 「ここの中学生はしあわせですね」(中学新入生歓迎運動会を取材された新聞記者の方)