同窓親和会からのお知らせ

最新のお知らせ

2016年12月15日(木)

介護についての学習会へどうぞ

同窓親和会は、今週末、介護についての学習会を開きます。

kaigogakusyuukai.jpg 

12月17日(土) 午後1時から

和光中高会議室にて

 

誰もが避けて通れない「介護」。

家族が、自分が要介護になったら、と不安を抱えている方もたくさんいらっしゃることでしょう。

同窓親和会員でソーシャルワーカーの松田尚子さんがみなさまの疑問、質問にお答えします。

どなたでも参加していただけますので、どうぞおいで下さい。

掲載日時:2016年12月15日 10:00
カテゴリ:同窓親和会からのお知らせ

このページのトップへ

2016年10月02日(日)

会員交流会開かれる・和光祭のお手伝いお願いします

 今日は会員交流会でした。

新旧の会員18名が集まり、美味しいお料理を堪能しながら和やかな時を過ごすことができました。

一ヶ月後29日(土)、30日(日)は和光祭。

東日本大震災からもう5年半がたとうとしていますが、原発事故の影響でまだ避難所から戻れない方々がいらっしゃいます。昨年は、その方々の手芸品を展示、販売させていただきました。

今年の和光祭でも、昨年と同じ団体から手芸品などを出品していただく予定です。

お茶席、手作り石けん販売も昨年同様に行います。

つきましては、お店番や、お茶を点てて下さる方を募集中です。

お手伝い下さる方は、こちらまでメールでお知らせ下さい。

掲載日時:2016年10月 2日 19:33
カテゴリ:同窓親和会からのお知らせ

このページのトップへ

2016年06月25日(土)

ワークショップ石けんづくりにおいで下さい

 和光祭でも好評のオリーブオイル石けんをつくります。

和光関係の方ならどなたでも参加していただけます。

お子様とご一緒の参加もどうぞ。(但し、小学生以上)

 

とき 7月2日(土)14:00~

場所 和光高等学校調理室

申込 7月1日(金)までにメールでお申し込み下さい。

mail d-shinwa@wako.ed.jp

掲載日時:2016年6月25日 03:25
カテゴリ:同窓親和会からのお知らせ

このページのトップへ

2016年04月25日(月)

ニュース№6発行しました

会員のみなさまへのお知らせです。

 4月23日(土)、世話人会を開き、ニュース№6を発行しました。

その日のうちに投函しましたので、そろそろ会員のみなさまのお手元に届いていると思います。

20160425.JPG

同封の葉書にて、出欠をお知らせ下さい。

こちらにメールして下さっても結構です。

ご意見やご感想などもどうぞお寄せ下さい。

掲載日時:2016年4月25日 14:31
カテゴリ:同窓親和会からのお知らせ

このページのトップへ

2016年04月01日(金)

石けんづくりにいらっしゃいませんか

家庭科室の廃油で石けんを作ります。

ご一緒に作りませんか。

sekken01.JPG

今回は廃油石けんだけを作ります。。

どうぞおいで下さい。

日時  4月9日(土) 14:00~

場所  和光高校 調理室 (特別教室棟2階)

持ち物 エプロン、ゴム手袋

小学生以上のお子さんの参加も可です。

参加希望の方はこちらへメールして下さい

 

和光祭で評判のオリーブオイル石けんは次の機会に作ります。

どうぞご期待下さい。

 

掲載日時:2016年4月 1日 18:28
カテゴリ:同窓親和会からのお知らせ

このページのトップへ

2016年03月19日(土)

神奈川の仏像ツアーへどうぞ

塩原先生と行
 神奈川仏像ツアーへどうぞおいで下さい

3月26日(土) 10:00鎌倉駅東口改札集合 16:00弘明寺駅解散(予定)

春の一日、仏像見学に行きませんか。高校で「日本古代史」を担当されている塩原先生にご案内いただきます。

鎌倉は、宝戒寺で本尊の子育経読地蔵菩薩他多くの仏像、浄光明寺で秘仏阿弥陀三尊の特別公開を見学。

昼食を済ませた後、大船からバスで田谷の洞窟(真言密教の修行洞窟。数百の仏像が彫られている)へ。

そして弘明寺で平安時代の鉈彫りの観音像を拝観します。


*拝観料700円と交通費、昼食代が必要です。
*比較的長い距離を歩きますので、足回りのしっかりしたご用意をお願いします。
参加希望の方は、3月23日(水)までにご連絡ください。

メール d-shinwa@wako.ed.jp

 

掲載日時:2016年3月19日 09:58
カテゴリ:同窓親和会からのお知らせ

このページのトップへ

2015年03月24日(火)

教育と憲法を語る~小森陽一氏講演会においで下さい~

 改憲?日本はどうなるの?

教育と憲法を語る

講師 小森陽一氏

日時 3月28日(土) 14時~17時

場所 和光中学高等学校第1、2会議室(2F)

主催 和光同窓親和会

共催 和光学園教職員組合、和光鶴川小学校九条の会、和光中高九条の会

卒業生、在校生の方々もどうぞおいで下さい。

 

安倍内閣は、来年の参議院選挙後に国会に改憲を提案すると報道されました。日 本は国際紛争の解決のために、武力は使わないと憲法9条で宣言しています。その 9条を変えて、日本を戦争できる国にしようと安倍内閣は考えていると報じられて います。

たしかに集団的自衛権容認の内閣決議そして秘密保護法の制定、武器輸出も解禁 と聞けば、日本が戦争をする国になるのではと心配です。教育でも愛国心を道徳教 育の中心に据えると国は言っています。私たちはもう一度真摯に憲法を学び直し、 自民党の言う憲法「改正」がこの国の未来をどう変えようとしているのか考えたい と思います。

 

小森氏は九条の会の事務局長であり、和光学園の親和会OBでもあります。九条を 守る立場から様々に活動しておられ、講演も多数です。忙しく行動されている折で すが、講演をお願いしました。ぜひ、一緒にこの国のあり方を考える機会にいたし ましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

掲載日時:2015年3月24日 07:52
カテゴリ:お知らせ

このページのトップへ

2015年02月09日(月)

リレートーク「戦火の中の青春」~満州での生活と引き揚げ~

同窓親和会員が戦争体験を語るリレートーク、今回が最終回です。

現役親和会員のみなさま、在校生のみなさまも、どうぞおいで下さい

 

お話し 鈴木則子さん(同窓親和会世話人)

とき  2月14日(土) 14時~16時

ばしょ 和光中学高等学校(教室は当日掲示)

noriko0011.jpg 

 1946年、少女は12才。引き揚げ船から博多に降り立ちました。中国、コロ島からの長い船旅でした。ですが、絵に描いたような悲惨な引き揚げ体験ではありませんでした。

少女が生まれたのは「満州国」。本土とは違って、ごく穏やかな暮らしでした。
そんな暮らしにも、戦争は徐々に身の回りに迫ってきました。
少女の目から見た戦争は、引き揚げは、どんなものだったのでしょうか。そして69年後の今、伝えたいことは?

今回のトークには、和光高校で「戦争と史跡」という講座を担当していらっしゃる橋本先生にも参加して頂き、解説や質問をしていただきます。

 

 

掲載日時:2015年2月 9日 01:53
カテゴリ:お知らせ

このページのトップへ

2014年09月15日(月)

リレートーク「戦火の中の青春」第2回へどうぞ

 リレートーク第2回は「私の原爆体験」

親和会員・在校生・卒業生の方々もどうぞご参加下さい。

とき    10月4日(土) 14時から16時まで

ばしょ   和光中高等学校(教室は当日掲示します)

おはなし 木村徳子さん

t_kimura5.jpg

1945年8月9日、早朝からの空襲警報が解除されて家に戻ってきた少女はきょうだい三人で二階で遊んでいました。そのとき、窓越しに橙色で周りが白いわっかの火の玉を見たのです。11時2分、長崎に原爆が落とされた瞬間でした。

それから69年。少女が見てきたものは、そして体験してきたことは、今こそ伝えたいことは、……。

 

t_kimura4.jpg1945年4月撮影の写真。木村さんとごきょうだいです。

 

同窓親和会は、活動方針の一つ「平和を語る」の一環として今年はリレートークを計画しました。三人の同窓親和会会員に戦争体験を語っていただきます。それぞれ年代は少しづつ違い、環境も違った中で、見たこと、感じたことを語り継がなければ!という三人の熱い思いから実現したトークリレーです。ぜひ多くの方々に足を運んで耳を傾けていただきたいと思います。

掲載日時:2014年9月15日 23:56
カテゴリ:お知らせ

このページのトップへ

2014年06月27日(金)

リレートーク"戦火の中の青春"にどうぞ

 今年の同窓親和会のメインイベントは、三名の会員が戦争体験を語るリレートークです。

それぞれ年代は少しずつ違い、環境も違った中で、見たこと、感じたことを語り継がなければ!という三人の熱い思いから実現しました。どうぞおいでください。在校生も歓迎です。

第1回「私と戦争」 

日時 7月12日(土)14時から

場所 和光中学高等学校

語り手 伊藤明子さん(三人のお子さんが和光高校を卒業)

imabari.jpg

小3の時、日本がアメリカとの戦争を開始。熊本の大津に住んでいたが、家の呉服商ができなくなって、小6の時父の実家があった愛媛県の今治に引っ越す。そして今治高等女学校に入学。広島に原爆が落とされる1日前の8月5日に、今治は空襲にあう。このとき女学校も焼け、裏山に避難したが11人の学友が亡くなった。それからの日々は、食べることばかり考えて過ごした毎日だった。

戦前、戦中、戦後と少女の生活はどんな風に変わっていったのか、お話しいただきます。

 

第2回 「私の原爆体験」

日時 10月4日(土)14時から

語り手 木村徳子さん

 

第3回 「引き揚げ」

日時 2月14日(土)

語り手 鈴木則子さん

掲載日時:2014年6月27日 18:33
カテゴリ:お知らせ

このページのトップへ

和光学園に寄せられた言葉:

  • 私が仕事を行う上で、御校のサイト、特に日々のブログ的な部分をとても参考にさせていただきました。(会社経営者さま::北海道)
  • 自分らしく生きるってことを教えてくれたのは和光だったと思います。(卒業生:イタリア、サルディーニャ在住)
  • あれだけ苦手だった水泳を克服できたことは、息子にとって今夏の一番の出来事となりました。(ちびかな参加児童の保護者さま)
  • 「ここの中学生はしあわせですね」(中学新入生歓迎運動会を取材された新聞記者の方)