ページの先頭です。

本校ウェブサイトは、多くの方に快適に利用していただくため、アクセシビリティに配慮した制作を心がけています。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しています。スタイルシート未対応のブラウザでは、本来とは異なった表示になりますが、掲載している内容にかわりはありません。

以下のリンクより、本文、メニュー、または共通メニューへジャンプができます。



ここからコンテンツです。

ホーム > 和光の生活 > 和光中Day by Day

和光中Day by Day

« 中3卒業演劇公演がありました。 | メイン | 卒業式がありました(保護者代表の言葉)。 »

中3「15歳の主張」発表会がありました。

卒業を間近に控え、3年生は中学校3年間をふりかえり

「15歳の主張」という作文を書きます。

体育館でクラスの代表者が主張を発表しました。

午後には有志による出し物もあり、充実した会になりました。

<保護者の方の感想①>

15歳の主張」を拝聴しました。思ったことは、人間15年生きると、ほぼ人間として土台が完成するものなんだと感じました。また、社会の大人達と変わらない精神年齢に達していることを感じさせられました。これからの人生、真っ白なキャンパスの上に自身の力でそれぞれの人生の彩りを豊かに加えていってほしいと思いました。

<保護者の方の感想②>

今日は聞きごたえ、見ごたえのある素敵な1日を過ごさせていただきました。15歳のみんなが感じる真っすぐな視線、その中で抱える不安や疑問が心に響く発表でした。きっとステージで発表していない子どもたち1人ひとりの主張も考えさせられる内容なのでしょうね。これほど伝わってくる主張ができる背景には、3年間さまざまな場面で友だちと考え合う機会を多くもち、どんな時も暖かく支えてくれる先生方がいてくれ、安心して中学校生活を送れたからだと思います。いろいろな意見や考え方と受け入れてくれる仲間。その環境作りに力を注いでくださった先生方と出会えたことに、改めて感謝した1日となりました。ありがとうございました。

<保護者の方の感想③>

15歳の主張。普段の自然体の子どもたちの様子とはまた違う姿に成長が感じられ、今しかない表現にとても感動しました。それぞれに悩んでいたり、未来の自分はこうでありたいと自分の言葉で力強く発表する姿に数十年間の中3の自分は、こんなに立派に表現することはできていなかったであろう、と重ねてみました。きっと発表をしなかった子どもたちも、それぞれの心の中で発表を見ながら今の自分を振り返ってみたりしたのではないでしょうか。和光から卒業する今、改めて和光の素晴らしい日々を感謝する1日でした。ありがとうございました。

 

日時: 2017年3月11日 12:04

ページの先頭へ戻る


ここからサブメニューです


ここから最下部のメニューです