和光鶴川幼稚園が大切にしていること

子どもへの願い

和光鶴川幼稚園では、次のような願いをもって子どもたちに接しています。

  • 自分っていいなと思える子どもに
  • 自分の好きなことを、とことんやれる子どもに
  • つまづきや失敗から学べる子どもに
  • 人と一緒に何かをすることが楽しい、心地いいと感じられる子どもに
  • ちがう人とかかわり合うことを楽しめる子どもに
  • 主体的・能動的に生き、人とつながろうとする子どもに
  • 夢を持って生きていく子どもに

3歳児、4歳児、5歳児、それぞれの育ちの様子を紹介します。

*写真をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。大きくなった写真の外側のグレー部分をマウスでクリックすると大きな画像を閉じることができます。

3歳児 花組(はな1くみ・はな2くみ)  

うれしさを自信に

初めての幼稚園生活の始まりです。お父さん、お母さんと離れて過ごすことにはじめはみんなとまどいますが、好きなあそびができてくると幼稚園が楽しくなってきます。 3歳児の子どもたちにとって、自分で自分のことができるようになることはうれしいことです。「自分でできたよ」「ほんとうだ、自分でできたね」と先生や友だちにうれしさを共有してもらえると、うれしさがその子の自信にもつながっていきます。

4歳児 月組(つき1くみ・つき2くみ)  

「もっとやりたい」世界を広げていく

自分の変化や、友だちの変化に気づけるようになっていく時期です。 自分一人では、「できない」と思っていたことも先生に励まされたり、友だちの姿に影響されたりしながら「やってみたらできちゃった」というような体験をたくさんします。 その自分の変化がうれしくて「もっとやりたい」と自分から世界を広げていくようにもなっていきます。

5歳児 星組(ほし1くみ・ほし2くみ)  

新しいことに挑戦する

「どうして~なんだろう」「~だからじゃない?」「なぜなんだろう」といろいろなことへ興味・関心が広がっていきます。小さな哲学者ともいわれるような時期です。幼稚園の中で一番年長であることを誇りに思いながら、新しいことへ「自分で頑張ってみる」と挑戦し、乗り越えていくような体験をしていきます。その体験が自信になり、次への意欲へとつながっていきます。

ページの先頭へ戻る